40代看護師の採用されやすいポイント3つをご紹介!

看護師転職サイト → 40代の看護師が採用されやすいポイントは?

40代の看護師が採用されやすいポイントは?

40代の看護師のウイークポイントは<覚えの悪さ>で病院内の構造や物品の場所などが、すぐに覚えられないかもしれません。 これは時間とともに身につきますから致命的な問題ではないです。 覚えられるまではメモをとったりして覚える姿勢が大切になります。

ここでは、40歳代の看護師が採用されやすいポイントはどこか?に焦点を当ててみましょう。思いつくのは

(1)コミュニケーション能力が高い人
(2)適応力がある人
(3)柔軟な考え方ができる人です。

経験が一番のメリットにはなりますが実際には経験よりも<人柄>が重要視されます。 なぜならば、どの臨床現場でも経験がある看護師の中途採用は「扱いにくい」と感じているからです。

もしも、あなたの職場に年上の経験者が入って来たら「いくら自分が長く勤めていても年長者には気をつかってしまう」のが普通です。 だからこそ、新しい職場のスキルや手技を受け入れる柔軟性がある人・年下の先輩看護師や管理者とも上手にコミュニケーションがとれる人・総合的に適用できそうな人が採用されやすくなります。

経験が重視されると言っても40歳代にもなると、残念ながらその評価は横一線です。 経験や経歴もさることながら「面接でどのような受け答えをするか」がポイントになります。 反対に40歳代で採用されにくい傾向になるのは<もの申しすぎる人>や<主張が強すぎる人>です。

この年代になると自分の経験を基に新しい方法を否定したりするシーンも増えます。 信頼関係ができてからの提案や意見ならば良いですが転職して日が浅いのに意見する年輩看護師はとても嫌がられる存在で<口やかましい母親>のような存在になりかねません。 可能な限り柔軟な姿勢や考えを訴求し、まずは安定した信頼関係を構築することが大切です。

以上、40歳代の看護師が採用されやすいポイントはどこか?に焦点を当ててみました。 面接では口癖がでやすくなります。 「というよりは」とか「でも」のような否定的なフレーズには注意してください。