訪問看護師として今後活躍していくためには?

看護師転職サイト → 訪問看護師が必要とされる能力と資格

訪問看護師が必要とされる能力と資格

訪問看護は病院に入院されている患者様のケアをおこなう業務を担当するのではありません。 主になるのは訪問看護師が高齢者がお住まいの自宅に訪問をして看護ケアをすることです。 訪問看護は在宅医療のひとつとして数えられおり訪問看護を担う中心人物が訪問看護師になります。

ここでは、訪問看護師が必要とされる能力と資格について整理しておきましょう。 一般的には病院や訪問看護ステーションが訪問看護事業を行っています。 訪問看護師として仕事をするには看護師免許がないと看護業務ができませんから看護師の資格は必須です。

主に高齢者に対しての看護が中心になりますので看護プラス介護の知識が必要になります。 充分に学習しておかなければなりません。 介護に関係する研究制度を実施していることがありますので積極的に受講して介護資格を取得しておくと就職や転職の際も有利です。

訪問看護師は患者様のバイタルチェックである「血圧」「脈拍」「体温」を測定します。 これを元データとして看護を必要としている高齢者の健康状態を観察し確認をしています。 訪問看護師の仕事内容は健康状態の把握だけにはとどまりません。 在宅の高齢者の体を清潔にすることも大切な仕事のひとつです。 たとえば入浴する場合の介助がそれにあたります。

利用者様が訪問介護を必要とする場合は担当のケアマネージャーと連絡をとならければなりません。 訪問看護師は利用者様のご家族とのコミュニケーションのみならずケアマネージャーとも良好なコミュニケーション関係を構築しなければ業務がスムーズに回りません。

訪問看護師には「するどい洞察力」と「優れたコミュニケーションスキル」が必要になります。 医療器具を実際に使用するようなケースでは性格な情報を利用者様とご家族様に説明しなければなりません。 正しい使用方法を説明して理解していただくことは利用者様の命を守ることに繋がるからです。

以上、訪問看護師が必要とされる能力と資格について整理しておきました。 日本は高齢化社会になってきていると言われています。 世界的にもトップクラスの高齢社会を経験しており、ますます訪問看護のニーズは高まっています。 けれども訪問看護師の人数は全然足りていません。

訪問看護師は1日に限られた時間の中で、幾つもの訪問看護をこなしていかなければなりません。 自動車を使用することも多くなっていますから普通自動車免許が仕事をする条件になっているところもありますね。